クライアントの真の課題に向き合い、
課題解決のために本気で実行する

よくあるお悩み
01. 社内のマネジメントスキルを向上したい

初任マネージャーを育成したい、育成しているがうまくいかない/マネジメントを教えられる人がいない

初任マネージャーの数が多ければ、マネジメント研修を企画することができますが、人数が少ないと、OJT中心になってしまいます。その場合、マネジメントの引継ぎの要素が強くなり、体系的にマネジメントノウハウを教えることができません。動画コンテンツを活用することで、それらの問題を解決することができます。

自社の実情に合ったマネジメント教育・支援を行いたい/忙しいため、すぐに活かせる実践的なマネジメント教育を行いたい

初任マネージャーの数が多ければ、マネジメント研修を企画することができますが、人数が少ないと、OJT中心になってしまいます。その場合、マネジメントの引継ぎの要素が強くなり、体系的にマネジメントノウハウを教えることができません。動画コンテンツを活用することで、それらの問題を解決することができます。

マネージャーにとって、必要なものを必要なタイミングで提供したい

1年に1回、研修で様々なマネジメント手法を学んでも、実践することはごくわずか。結果、忘れてしまう。マネージャーは、今の困り・悩みを解決したい。だから、マネージャーにとって必要なものを必要なタイミングで学べるコンテンツ(仕組)を提供します。

よくあるお悩み
02. 社員受け入れ・初期教育を改善したい

入社した社員を同レベルの戦力にしていきたい

入社時の社内教育が俗人化してしまうと、人によって教えるスピードやボリュームに差が出てしまい、入社して早い段階で個々の熱量や技術に差が生まれてしまいます。また、企業によってベストな社内教育の内容や進め方は異なります。動画コンテンツの作成に伴い、社内教育のベストプラクティスを見える化していきます。

初期教育を明確化・オペレーション化したい/人に依存してしまっている教育を仕組み化にしたい

初任マネージャーの数が多ければ、マネジメント研修を企画することができますが、人数が少ないと、OJT中心になってしまいます。その場合、マネジメントの引継ぎの要素が強くなり、体系的にマネジメントノウハウを教えることができません。動画コンテンツを活用することで、それらの問題を解決することができます。

教育する人が忙しくて、教育に時間を使えない/教育できる人が足りない

教育担当になる社員のほとんどが、自身の業務と兼務していることが多いです。そうすると、自身の業務が忙しいときは教育が疎かになってしまいがちです。入社時研修で十分な教育を受けることができないと、その後の定着率にも影響する可能性があります。
また、新人教育のスキルを持つ社員が少ない、といった課題を抱えている企業も多いとされています。動画コンテンツを活用することで、教える側、教わる側の双方が組織に対して、企業に対して貢献していける環境を目指すことができます。

よくあるお悩み
03. HR領域(採用・社員教育・人事評価)を改善していきたい

「自社に合った採用をしたい/自社に合った社員教育をやりたい/自社に合った評価制度にしたい
しかし、やり方がわからない、ノウハウもないし、知見を持った人が社内にいない

採用や社員教育などのHR領域は、その時々で流行が変わるため、常に最新の情報が求められます。また、業界ごとによって特徴や傾向が異なるため、自分達から情報を取得する必要があります。さらに言えば、企業によっても必要な情報や知識は異なるでしょう。HR領域に関する情報の提供だけでなく、業界・個社の特性に応じたノウハウを見える化します。

採用のオペレーションを確立・改善したい/採用にかかる手間を減らしたい、自社の(人事)ノウハウを残していきたい

応募者管理(応募者接触)のオペレーションは、曖昧になっている企業が多いです。理由としては、担当者が属人的に進めてしまっていたり、組織に情報共有されていないことが挙げられます。組織の規模が小さいうちはなんとか成立しますが、企業が成長して組織の規模が大きくなると、必ずどこかで課題が発生します。採用フローのオペレーションを明確にすることで、誰がみても採用状況がわかる状態、誰が担当になっても引き継げる状態にしていきます。

よくあるお悩み
04. 接客やオペレーションのマネジメントを改革したい

人によるスキルのバラつきをなくしたい/自社の正しいやり方を習得させたい/必要なことをきちんと教えたい

出店が加速すると、オペレーターの採用・教育の人数が増えますが、それに伴って、教育担当を増やすことは難しいでしょう。結果、教育機会が不足し、基礎を学ばないまま、現場に配属してしまうことが増えてしまいます。こういったことが発生すると、スキルのバラつき、顧客満足の低下につながってしまいます。動画コンテンツを活用することで、必要な教育機会を確保することができます。

教育にかかる時間を減らしたい/時間をかけずに実施できる方法を知りたい

「教育は大事なんだよね。でも、他にやらないとけないことがあるんだよね」、このジレンマを解決したい企業は多いでしょう。人材育成は、重要性は高いけれど、緊急性が低くなりがちです。結果、時間が足りずに、着手できなくなってしまいます。優秀な人による教育をコンテンツ化することで、教育を動画に置き換えることができます。

クレームを減らしたい/なくしたい

店舗数が増えると、少ない店舗数で丁寧に教育できていた時にはありえなかったクレームが増えてきます。クレームの原因を問いただすと、「教えただろ」、「教わりましたが、軽く説明を受けただけです」という残念なやり取りが繰り返されることがしばしば見られます。このような不毛なコミュニケーションを撲滅をするために、基本的なオペレーションはすべて、動画コンテンツでマニュアル化しましょう。

まずは最低限の接客サービスを身につけさせたい/ミスなくオペレーションを回せるようにしたい

基本ができていないことによって発生するクレームもあります。基本ができていない理由は、「教えてない」、「教え方が適当」、「チェックができていない(マネジメントができていない)」などが挙げられます。背景としては、オペレーターが増えたり、退職して入れ替わったりすることで、このような問題が起こりやすい環境になってしまうのです。いつでも見返せる動画コンテンツを作成・共有することで、こういった問題の発生を減らしていきましょう。

よくあるお悩み
05. 業務品質向上・多能工化を実現したい

人によるスキルのバラつきをなくしたい/自社の正しいやり方を習得させたい/必要なことをきちんと教えたい

出店が加速すると、オペレーターの採用・教育の人数が増えますが、それに伴って、教育担当を増やすことは難しいでしょう。結果、教育機会が不足し、基礎を学ばないまま、現場に配属してしまうことが増えてしまいます。こういったことが発生すると、スキルのバラつき、顧客満足の低下につながってしまいます。動画コンテンツを活用することで、必要な教育機会を確保することができます。

万が一の時に替わりがいる状態を作りたい/人が休める体制を作りたい/忙しい時にカバーし合える体制を作りたい/不良品や事故を減らしたい

できないことがあると、やれることがなく、待ち時間が発生してしまいます。生産性の低い人がボトルネックになり、チーム全体の生産性の足を引っ張ることになってしまうのです。業務品質の向上により、人による差をなくしていきましょう。

熟練者の技術を伝承したい/若手でも受け継げるような仕組みや環境を確立したい

ベテランの退職により技術が消失してしまうといった問題はどの企業でも起こりうることです。技術がなくなると、受けられていた仕事が受けられなくなり、それが経営リスクとなる可能性もあります。早い段階からベテランの技術を守るための行動を取ることで、いざという時も慌てることなく対応ができます。

よくあるお悩み
06. 社内のシステム運用をスムーズにしたい

社内での問い合わせ件数や、工数を減らしたい

新しいシステムを導入すると、社内での問い合わせが急増し、担当者はシステム運用の対応に追われることになってしまいます。同じことを別の人に何度も説明したり、不具合の対応などを行うことで、本来やるべき業務に手が回らず、結果的に大きく生産性を落とすことに繋がりかねません。
システム運用に関するマニュアルを作成することで、担当者が対応しなければならない問い合わせの数を大幅に削減することができます。

万が一の時に替わりがいる状態を作りたい/人が休める体制を作りたい/忙しい時にカバーし合える体制を作りたい/不良品や事故を減らしたい

できないことがあると、やれることがなく、待ち時間が発生してしまいます。生産性の低い人がボトルネックになり、チーム全体の生産性の足を引っ張ることになってしまうのです。業務品質の向上により、人による差をなくしていきましょう。

システムをちゃんと機能させたい

世の中には優れたシステムやアプリがあるが、うまく使えていない企業が多いのも印象的です。高いコストを支払って良いシステムを導入しても、使用する側が使いこなせなければ導入した意味がありません。
使いこなすためにまとめたマニュアルも、専門用語ばかりでわかりづらい、ということはありませんか?私たちの支援では、現場目線に立ったマニュアル制作・運用支援を行なっています。

よくあるお悩み
07. 従業員満足度(ES)・顧客満足度(CS)を向上させたい

お客さんが喜び、社員もやりがいを持って働く、良い会社を作りたい

うちの会社で良かったと思ってもらえる会社にしたい
会社へのロイヤリティ(所属意識、愛着芯)を高めたい
(社員の)(アルバイト・パートの)離職率を下げたい

各種施策による結果や影響を検証したい

やったことが意味(効果)があったのかどうかを知りたい

採用でのPRも強化できる(開かれた会社というイメージの醸成)
(採用において)他の会社との差をつけたい(PRポイントを見つけたい)

よくあるお悩み
08. “理念浸透・ビジョナリー教育(のマネジメントDX)

仕事の質(サービスのクオリティ)を高めたい

「自社のこだわりを伝えたい」「自社の本来のやり方を浸透させたい」「理念を体現する人を増やしたい」
仕事の意味・意義をかみしめて仕事をしたい
「やりがい(誇り)を持って働いて欲しい」「お客さん満足を追求してもらいたい」

主体性を持って働いて欲しい

「理念の実践に向けて、考えて仕事をしてほしい」
理念を浸透させたい(経営者)

TOP