マネジメントDXとは

マネジメントとは

マネジメントの究極の目的とは、理念(ミッション・ビジョン)の実現であり、顧客の創造であると考えています。なぜなら、それらが企業の目的でもあるからです。

理念(ミッション・ビジョン)の実現、顧客の創造を目指すためには、良質な商品・サービスを提供していく必要があります。良質な商品・サービスを提供するためには、目に見ている可能性や課題だけでなく、事業や組織の全体像を俯瞰して、多面的に捉えることで、見えていなかった本当に押さえるべき可能性・課題を見つけ出し取り組まなくてはなりません。それらの可能性・課題に対して、改善を重ねたり、改革に取り組むことで、事業・組織に貢献することこそが、マネジメントであるといえます。

一般的にマネジメントというと、オペレーションがスムーズに回ることや、現場の教育を解決することだとイメージされると思います。しかしそれらはあくまで手段であり、その先を見据えて実行することが、本来行うべきマネジメントなのです。

マネジメントDXとは

マネジメントDXの意味・意義とは、本質的なマネジメント実現のための、時間的・精神的な余裕を生み出すことにあります。
一般的にマネジメントとは人が取り組むものというイメージが強いでしょう。多くのマネージャーは、専任ではなくプレイヤーと兼任していることがほとんどです。そのため、大抵のマネージャーが手が回らなくなり、結果的にオペレーションをいかに回していくか、チームのメンバーといかに連携していくかといった目先のことだけにとらわれてしまいます。

現場のマネジメント業務を整理することで、ツールに頼ることができるものがみつかるでしょう。例えば、入社時の教育や説明会のオペレーションなどは、マニュアル化をすれば毎回直接マネージャーが新人や部下に教える必要がなくなります。
このように、マネジメントの一部をDX化することで、本来取り組むべきマネジメント業務を実行することが可能となります。

TOP