動画マニュアル

動画マニュアルとは

動画マニュアルとは、作業やオペレーションなどの説明や手順などを動画に落とし込んだものを指します。動画になることで、実際の動作やポイントが視覚的に確認できるため、紙のマニュアルに比べて理解度やわかりやすさが格段に上がります。場所や時間に捉われることなく閲覧できるため、スタッフの日々の教育や反転学習などにもおすすめです。

マニュアルが洗練化されることで、教育する側の時間や工数などの負担も軽減することができます。うまく社内で活用することで、よりスタッフ一人ひとりの作業効率や生産性を高めることができるでしょう。

動画マニュアル5つの魅力

01. とにかくわかりやすい

動画マニュアルの一番の魅力は「わかりやすさ」にあります。テキストや写真だけのマニュアルだとイメージしづらいですが、動画でマニュアルを確認できるため、実際の動作や細かいポイントが理解しやすくなります。また、テキストだけのマニュアルだと読解力や文章力など、個人の解釈によって変わってしまう可能性がありますが、動画マニュアルであれば、誰もが同じように内容を理解しやすいです。

02. いつでもどこでも繰り返し確認できる

動画を閲覧できる環境であれば、時間や場所に捉われることなくマニュアルの確認が行えます。作業時に迷ったら誰かに聞かなくても、その場ですぐに確認ができますし、何度も同じことを担当者に確認しなくてはならなかったことも回避でき、精神的な負担も軽減します。自主的に学びたい時も、自由に繰り返し予習・復習ができるので、時間を有効活用することができます。

03. 情報共有しやすい

ほとんどの動画マニュアルが、URLひとつで簡単に共有することができます。印刷して各部署のマネージャーに配布し、さらにマネージャーからスタッフ一人ずつに配布していく、などといった面倒な作業は一切なくなります。
さらに、すべてのスタッフが同じURLにアクセスするため、受け取る情報量や質は同じになり、情報の齟齬が発生しにくくなります。

04. 学習の均一化の実現

すべてのスタッフが同じマニュアルにアクセスするため、受け取る情報量や質は均一化されます。これまで教える人によって手順ややり方にバラつきがあった業務も、誰もが同じようにオペレーションを回せるようになります。また、教育する側も、マニュアルに沿って教えていけばいいので、教育が苦手なスタッフでも新人に業務を教えたり補足することができるようになります。誰でも学べる、誰でも教えられるという環境ができることで、組織全体の生産性向上につなげることができるでしょう。

05. 企業の資産になる

マニュアルを作り、運用するための最初の漕ぎ出しは大変かもしれません。しかし、一度作ってしまえば、企業の資産として永遠に残り続けます。そしてそのマニュアルを運用しながらアップデートし続けてていくことで、さらに資産価値が高まるでしょう。

TOP