接客・オペレーション

SERVICE
接客品質の向上、オペレーションの効率化によって、店舗運営を成功させる

顧客満足度の向上、店舗運営の効率化を両立するためには、接客品質の向上、オペレーションの効率化が必要になります。そのための手段のひとつとして、接客やオペレーションの基本とポイントを「必要なスタッフに」、「必要なタイミングで」、「実行できるように教える」ためのサービスを提供します。

01. オペレーションや教育をDX化

接客の現場においてよく挙げられる課題があります。「教育できる人がいない」、「教育できる人の時間がなかなか取れない」、「だから、接客やオペレーションを教えられない」の3つです。これらの課題を、動画コンテンツを使用することで改善していきます。

02. いつでもどこでも学べる環境をつくる

エリアマネージャー・店長・トレーナーといった、教育できる人の業務の一部をDX化するとともに、店舗スタッフにとって、いつでもタイムリーに学べる環境を提供することができます。

PROJECT

業務手順を分解し、コンテンツ化

業務をプロセスに分解して、キーとなるアクションやファンクションを抽出して、コンテンツを作成し、DX化します。

再現性を高めるためのアクションやツールの策定

再現性を高めるために、キーとなるアクション・ファンクションに関するツールを開発します。

接客・オペレーションに関する実績あり

フランチャイズ本部が使う接客・オペレーションマニュアルを作成した実績・ノウハウがあります。

組織全体のパフォーマスを高める

チーム全体の底上げを図ることで、スタープレイヤーを生み出すのではなく、組織全体のパフォーマンスを高めます。

SOLUTION

人によるスキルのバラつきをなくしたい

出店が加速すると、オペレーターの採用・教育の人数が増えますが、それに伴って、教育担当を増やすことは難しいでしょう。結果、教育機会が不足し、基礎を学ばないまま、現場に配属してしまうことが増えてしまいます。こういったことが発生すると、スキルのバラつき、顧客満足の低下につながってしまいます。動画コンテンツを活用することで、必要な教育機会を確保することができます。

クレームを減らしたい(なくしたい)

店舗数が増えると、少ない店舗数で丁寧に教育できていた時にはありえなかったクレームが増えてきます。クレームの原因を問いただすと、「教えただろ」、「教わりましたが、軽く説明を受けただけです」という残念なやり取りが繰り返されることがしばしば見られます。このような不毛なコミュニケーションを撲滅をするために、基本的なオペレーションはすべて、動画コンテンツでマニュアル化しましょう。

基本ができていないことにより発生するクレームをなくしたい。

基本ができていない理由は、「教えてない」、「教え方が適当」、「チェックができていない(マネジメントができていない)」などが挙げられます。背景としては、オペレーターが増えたり、退職して入れ替わったりすることで、このような問題が起こりやすい環境になってしまうのです。いつでも見返せる動画コンテンツを作成・共有することで、こういった問題の発生を減らしていきましょう。

TOP